中国外交部:共に国境地帯の平和・安寧を守るべき,印高官発言で指摘
2012/02/26

 中国外交部の洪磊・報道官は25日記者団の質問に答え、インド側は中国側と共に、国境地帯の平和と安寧を守るべきで、係争地区で問題を複雑化するいかなる行動もとるべきではないと述べた。

 インド高官が先ごろ、いわゆる「アルナチャル・プラデシュ州」の活動に出席した際、重要な戦略的地位をもつこの地域の「安全」を確保すると述べたと伝えられるが、中国はこれをどう受け止めるかとの質問に、洪報道官は次のように述べた。

 東区間の係争地を含む中印国境問題に対する中国の立場は一貫しかつ明確である。中国は平等な友好的協議を通じて、公平・合理的で、双方の受け入れ可能な解決案を捜すよう主張している。最終的に解決されるまでは、インド側は中国側と共に、国境地帯の平和と安寧を守るべきで、係争地区で問題を複雑化するいかなる行動もとるべきではない。

(北京2月25日発新華社)

推荐给朋友
  印刷 全文印刷