中国外交部洪磊・報道官の記者会見
2011/04/14

 2011年4月12日の中国外交部洪磊・報道官の記者会見のうち、日本関係の一問一答は次の通り。

 問:日本は福島原発の放射能漏れ事故の評価をレベル7に引き上げた。これはチェルノブイリ事故と同一レベルである。一部の国は日本の情報発信の透明性が十分でないと批判しているが、中国はどう受け止めるか。

 答:日本が放射能漏れ事故の評価をレベル7に引き上げたことに留意している。われわれは日本のとった措置で現在の事態がうまく緩和されるよう希望し、また日本が世界各国に放射能漏れの状況を迅速、全面的、正確に伝えるよう希望している。

 問:日本の放射能漏れ事故について、中国はこれまで日本側から得た情報について満足しているか。

 答:日本で起きた放射能漏れ事故に対し、中国は日本の近隣国として当然、関心を払っている。われわれは日本が確実で有効な措置をとり、隣国および世界各国に情報を迅速、全面的、正確に伝えるよう希望している。中国は事態の推移を注視し、同時に専門の評価を行っている。またこれについて日本側と接触を続けることを願っている。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷