台湾地区の対外交流に対する中国の立場は明確 外交部報道官
2013/11/08

 中国外交部の洪磊・報道官は7日の定例記者会見で、台湾地区の対外交流問題に対する中国の立場は一貫し、明確なもので、シンガポールが引き続き一つの中国の政策を守り、台湾との経済・貿易関係を慎重かつ適切に処理することを希望すると述べた。

 シンガポールと台湾の経済パートナー取り決めについてコメントを求められて答えたもので、洪報道官は次のように述べた。

 ▽中国は台北駐在シンガポール商務事務所とシンガポール駐在台北代表事務所が経済パートナー取り決めを結んだことに留意している。

 ▽台湾地区の対外交流問題に対する中国の立場は一貫し、明確なものである。中国は外国と台湾地区の民間経済、貿易、文化交流に対して異議をとなえることはないが、いかなる形でも政府の関係には反対する。台湾の国際的活動に参加する問題については、「二つの中国」、「一つの中国、一つの台湾」をつくらないことを前提として、(台湾海峡)両岸の実務的協議を通じ、情理にかなった手配を行うことができる。

 ▽シンガポールが一つの中国の政策を引き続き守り、台湾との経済・貿易関係を慎重かつ適切に処理することを希望する。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷