中国外交部:米国に釣魚島主権問題で約束厳守求める
2013/09/18

 中国外交部の洪磊・報道官は18日の定例記者会見で、米国が釣魚島の主権問題でどちらの側にも立たない約束を厳守し、言動を慎重にし、実際行動で地域の平和・安定と中米関係の大局を守るよう希望すると表明した。

 米国のバーンズ国務副長官が最近、日本公明党の山口那津男代表と会見した際、米国は日中の釣魚島紛争で日本を支持すると述べたとの日本メディアの報道について、米国務省のサキ報道官は17日の定例記者会見で中国の記者の質問に答え、釣魚島問題に対する米国の立場は一貫し、変わっていないとし、釣魚島の最終的主権帰属問題で立場をとらないと語った。さらにサキ報道官は、私的な場でも公的な場でも、米国はこの立場を伝えていると確信していると述べた。洪報道官はこれについてコメントを求められて答えた。

 洪報道官は次のように述べた。米側の態度表明に留意している。強調したい点は、釣魚島とその付属島嶼は中国固有の領土で、釣魚島問題に対する中国の立場は明確で一貫しているということだ。米国が釣魚島の主権問題でどちらの側にも立たないとの約束を厳守し、言動を慎重にし、実際の行動で地域の平和・安定と中米関係の大局を守ることを希望している。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷