王華総領事,泉田知事へ義援金を贈呈
2011/03/28

 2011年3月25日、王華総領事は新潟県庁を訪問し、今回の大震災で甚大な被害が出たことに対してお見舞いの言葉を述べるとともに、新潟華僑華人総会会員と中国駐新潟総領事館館員から募った義援金50万円を泉田裕彦知事に手渡した。宮暁冬副総領事と新潟華僑華人総会会長恵京仔氏もこれに同席した。

 王華総領事は、今回、日本の観測史上最大の地震や津波が発生し、甚大な被害が出たことに対し、この二、三年の間に同じく幾度も地震や土石流などの自然災害に遭っている中国人民は心から痛みを感じ、深くお見舞い申し上げたいと述べた。王華総領事はまた、震災地在住の中国公民のうち避難及び帰国希望者に対する総領事館の協力業務過程で、新潟県から多大な支援と協力を得たことに対し感謝の意を表し、とりわけ中日両国民が互いに助け合う姿に非常に深く感銘を受け、中国総領事館として今後も引き続き被災者支援活動にできるかぎり協力していきたいと語った。

                     

                 王華総領事が泉田知事と会談             王華総領事が泉田知事へ贈呈書を手渡す

王華総領事が県庁で取材インタビューを受ける

 泉田知事は、今回の大震災発生直後、中国政府から見舞いの言葉や多大な支援を得て、また中国総領事館と新潟華僑華人総会からの義援金に中国人民の友情を改めて感じることができ、深く感謝すると述べた。泉田知事はまた、今回震災地の中国公民のうち避難及び帰国希望者に対する中国総領事館の業務展開の迅速さなどを高く評価し、今後も新潟県の経験及び知識等を活かしながら、防災減災分野における連携をより強めていきたいと述べた。

 これに先立ち、総領事館館内で館員らによる日本大地震義援金の寄付が行われた。

                      

               王華総領事がまず最初に寄付する                総領事館館員らが義援金を寄付する

推荐给朋友
  印刷 全文印刷