農相,中韓ロなどに職員派遣 農産物の輸出問題で
2011/04/12

 鹿野道彦農相は12日の閣議後の記者会見で、福島第1原子力発電所の事故に伴い、近隣諸国で農作物などの輸入規制の動きが広がっている問題について近く職員を中国、韓国、ロシアなどに派遣する方針を明らかにした。事故が与える農作物の影響を説明し、安全性を理解してもらうのが目的。

日本経済新聞2011年4月12日

推荐给朋友
  印刷 全文印刷