水産物の対日輸出を拡大へ 山東
2011/03/25

 山東省海洋漁業庁によると、東日本大震災とそれに伴う大津波・放射能漏れ事故を受け、同省は前向きに各種措置を講じているという。一部の水産養殖種を調整し、アカガイ、ハマグリ、コンブ、ワカメ、ノリの養殖を拡大することで日本市場への供給量を増やし、割当枠さらには輸出シェアの拡大を目指す方針。人民日報が報じた。

 同庁は、沿海水産物の汚染を心配する声が多いことから、専門家に依頼して詳細分析を行った。その結果、日本の放射能漏れ事故が山東に及ぼし得る直接的、潜在的影響は現時点ではみられず、食べても問題はないとの見解に達した。

「人民網日本語版」2011年3月24日

推荐给朋友
  印刷 全文印刷