福島:「落ち着いて行動を」知事,県民にメッセージ
2011/03/23

 福島県佐藤雄平知事は22日、原発事故に冷静に対応するよう求める県民向けのメッセージを発表した。

 「大気中から通常より高い値の放射能が検出されているが、人体への影響は限りなくゼロに近いとの評価がある。県内産の原乳、ホウレンソウ、カキナは国の指示に基づき出荷を控えている。県民には落ち着いて行動してほしい」としている。

 さらに、「避難所への生活物資、燃料の配送もようやく軌道に乗ってきた。ガソリンや日用品が不足し迷惑を掛けているが、徐々に需給状態が緩和している。県民一丸でこの難局を乗り切ろう」と訴えている。

福島民報2011年3月23日

推荐给朋友
  印刷 全文印刷