大地震の死者・不明は千数百人 福島原発,避難10キロに
2011/03/12

 日本国内史上最大の東日本大震災は12日も強い揺れを伴った余震が頻発、警察庁の午前6時現在のまとめでは死者185人、行方不明741人に上った。岩手県陸前高田市など太平洋沿岸で津波により壊滅的な被害を受けた地域もあり、死者・行方不明者は計千数百人となることが確実。「原子力緊急事態宣言」の発令を受けた福島第1原発1号機では、中央制御室の放射線量が通常時の約千倍、正門近くでも8倍以上を検出。日本政府は避難指示区域を半径3キロ圏内から10キロに拡大した。放射性物質を含む蒸気が建物内に拡散している恐れがある。

共同通信社2011年3月12 日07:42

推荐给朋友
  印刷 全文印刷