東北地方で震度7地震,1人死亡 M8・4,岩手などに大津波警報
2011/03/11

 日本時間11日午後2時46分ごろ、日本東北から関東の広い範囲にかけて強い地震があり、宮城県で震度7を記録した。気象庁によると、震度7を記録したのは宮城県北部。気象庁は岩手、宮城、福島の太平洋沿岸に大津波警報を発令した。茨城県によると、高萩市で建物の屋根が崩落し1人が死亡した。宮城県警によると、けが人が多数出ている。仙台市消防局によると、地震の影響により市内でガス漏れが多数発生している。JR東日本によると、管内の新幹線はすべて運転を見合わせている。気象庁によると、震度7を記録した地震の震源地は三陸沖で、震源の深さは約10キロ。マグニチュード(M)は8・4と推定される。

共同通信社2011年3月11日

推荐给朋友
  印刷 全文印刷