工程表を正式決定 福島原発1~4号機,30~40年で廃炉完了
2011/12/21

 日本政府と東京電力は21日午前、東電福島第1原子力発電所1~4号機の廃炉に向けた中長期対策会議で、中長期工程表を正式に決定した。使用済み核燃料プール内にある燃料は2年以内に取り出しを始めること、1~3号機で炉心溶融(メルトダウン)して溶け落ちた燃料の取り出しは10年以内に着手すること、廃炉を30~40年で完了することを目標とした。

 計画を着実に実施すると共に安全に万全を期すために、中長期対策会議の傘下に運営会議と研究開発推進本部も設置することも決めた。

 枝野幸男経済産業相は同日午後の記者会見で「可能な限り具体的な計画を盛り込んだ。関係機関と連携し的確に取り組んでほしい」と述べた。一方、細野豪志環境・原発事故担当相は「研究開発の状況によっては廃炉完了時期の前倒しの可能性もある」と言及した。

日経QUICKニュース2011年12月21日

推荐给朋友
  印刷 全文印刷