福島原発1号機に窒素ガス注入へ 水素爆発を防止
2011/04/07

 東京電力は6日、福島第1原子力発電所1号機の原子炉格納容器に水素が堆積している可能性があるとして、水素爆発を防ぐため、早ければ同日夕方から、原子炉格納容器内への窒素ガス注入を開始すると発表した。計6千立方メートルのガスを順次注入する計画で、2、3号機についても注入を検討している。

 同原発を巡っては、東日本大震災被災直後の3月12日に1号機で、同月14日にも3号機で水素爆発が起き、建屋が損傷した。

日本経済新聞2011年4月7日

推荐给朋友
  印刷 全文印刷