福島原発,汚染水の流出停止 東京電力が確認
2011/04/06

 東京電力は、6日午前5時38分ごろ福島第1原子力発電所の2号機取水口付近から漏出していた高濃度放射性物質を含む汚染水の流出の停止が確認できた、と発表した。

 東京電力は5日、汚染水が2号機の取水口付近で電源ケーブルを収めたピット(立て坑)下部の石の間から流出していると特定。土壌を固める薬剤(土壌固化剤)を注入し、流出を防ぐ作業を夜通しで行っていた。

日本経済新聞2011年4月6日

推荐给朋友
  印刷 全文印刷