「最大限の緊張感で対処」=菅首相,震災後初の国会答弁
2011/03/29

 菅直人首相は29日午前の参院予算委員会で、福島第1原発の事故について「予断を許さない状況が続いている。最大限の緊張感を持ち取り組んでいく」と述べた。礒崎陽輔氏(自民)への答弁。首相の国会答弁は、東日本大震災の発生後初めて。

時事通信社2011年03月29日

推荐给朋友
  印刷 全文印刷