福島原発:被曝現場水たまり,通常の冷却水の1万倍濃度の放射能
2011/03/25

 東京電力は25日、復旧作業が続く福島第一原発3号機で作業員3人が被曝(ひばく)した現場の水たまりから、通常の原子炉内を通る冷却水の約1万倍の濃度の放射能を検出したと発表した。原子炉や使用済み核燃料貯蔵プールにある燃料棒が損傷している可能性が高いとしている。

朝日新聞社2011年3月25日

推荐给朋友
  印刷 全文印刷