保安院:「1号機の安全確保」,3号機も冷却作業
2011/03/13

 原子力安全・保安院は13日朝、原子炉建屋が12日に爆発し崩壊した東京電力福島第1原発・1号機について、原子炉圧力容器への海水注入作業が完了し、満水になったとみられることを明らかにした。記者会見した根井寿規審議官によると、満水状態を維持すれば当面の安全性を確保できるため、検査官を現場に派遣し、東電の担当者とともに確認を続ける方針。

 1号機は冷却水不足のため炉心の温度が上昇し、爆発事故の前に国内初の炉心溶融が起きた可能性が高いと考えられている。建屋が爆発しても内部の原子炉格納容器に損傷はなく、周囲の放射線観測データからも、放射性物質が大量に放出される恐れはなくなったと判断されるという。

 一方、東京電力は13日朝、福島第1原発・3号機の炉心に冷却水を注入する機能が失われたと保安院に通報した。12日朝の1号機と似た状態で、今後炉内の圧力が高まるとみられる。東電は圧力を下げるため、1号機と同様に、格納容器内の微量の放射性物質を含む蒸気を外部に放出する弁を開けた。弁にはフィルターが付いており、圧力が高まれば蒸気が放出される。

 枝野官房長官は13日午前の記者会見で、東京電力福島第1原発1号機について、海水を注入する炉心の冷却作業について「原子炉圧力容器の内側に海水が満たされていると判断される」と述べた。周辺の放射性物質を調べるモニタリングの数値に変化はないと語った。冷却機能を喪失した3号機については代替するための作業を行っていると説明し「これが行われれば原子炉は安定した状態で管理される」と述べた。

時事通信社・共同通信社2011年3月13日

推荐给朋友
  印刷 全文印刷