日中友好団体の新春会に800人が出席
2016/02/08

 1月29日、中国駐日本国大使館が日中友好団体2016年新春会を開催、程永華大使が出席、あいさつを行った。日本の主な友好団体代表および外務省、東京都の代表や各界の人士、約800人が一堂に会し、外交官や中国系各機構の責任者が交流を深めた。

 程大使はあいさつで「2015年は中日関係が次第に改善に向かった重要な年だった。双方は2014年11月に達成した4項目の原則的共通認識を踏まえて、各レベルの接触・対話と各分野の実務交流を徐々に再開し、いくつかの前向きな進展が見られた。この過程で日本各界の友好団体は中日友好の中堅勢力として、代々の友好という確固たる信念をもち、積極的主動的に行動し、数多くの実り大きい仕事をした」と述べた。

 程大使はさらに「目下、中日関係改善の勢いはなおもろいものだ。双方は引き続き中日の四つの政治文書と4項目の原則的共通認識の精神を固く守り、重大で敏感な問題を適切に処理し、『互いに協力のパートナーであり』、『互いに脅威とならず、互いの平和的発展を支持する』という重要な政治的共通認識を確実に実行に移すよう努力すべき」と指摘した。

 程大使はまた「中国政府は常に対日関係を非常に重視しており、日本側と共に政府外交の推進に努めると同時に、積極的に民間外交を推し進め、これまでの基礎の上に両国国民の双方向の交流とインタラクションを一段と促進し、両国関係の持続的改善と発展のために共にたゆまぬ努力を払いたい」と強調した。

 黄川田仁志外務大臣政務官は日本政府を代表し、「日中関係は日本にとって最も重要な二国間関係の一つと言える。日本政府は各友好団体とともに、引き続き日中関係の絶え間ない発展を推し進める」と語った。

 丹羽宇一郎日中友好協会会長は、「2016年は日中関係にとって非常に重要な一年である。双方が経済、文化、観光、友好都市など各方面の交流を強化し、2017年の国交正常化45周年を迎えるにあたって堅固な基礎を打ち立てるべきだ」と述べた。

 新春会には鳩山由紀夫元首相、中谷元防衛大臣、若宮健嗣防衛副大臣兼内閣府副大臣、官藤丸敏防衛大臣政務のほか、40人あまりの各政党国会議員が出席した。

人民中国2016年2月

推荐给朋友
  印刷 全文印刷