中日大学フェア&フォーラム2015 北京で開幕
2015/03/24

挨拶する中国外交部(省)の劉建超助理(次官補)

 中日間の大規模な学術交流イベント「中日大学フェア&フォーラム in CHINA 2015」が21日、北京で開幕した。主催は独立行政法人科学技術振興機構(JST)、共催は中国科学技術協会国際連絡部、中国教育部(省)留学サービスセンター、人民網、独立行政法人日本学術振興会、独立行政法人日本学生支援機構。今年は北京と上海の2都市において、大学フェア、中日交流会、中日大学フォーラムなどのイベントが開催される。

 北京の首都大酒店で22日午後に行われた記者会見では、日本科学未来館の毛利衛館長とJSTの沖村憲樹特別顧問がイベントの関連状況などを紹介したほか、中日両国の記者からの質問に答えた。

 毛利館長は1992年9月12日から9月20日までスペースシャトル・エンデバーに搭乗した宇宙飛行士。2000年には再びエンデバーに乗り、地球の立体地図を作成するための地表データ取得に成功、同年10月に日本科学未来館初代館長に就任した。毛利館長は記者会見において「2020年には東京で第32回夏季五輪が開かれる。現在は科学技術をいかに五輪に活用するかを考えている」と語った。

 JSTの沖村顧問は,中日両国の科学技術交流および,JSTが推進している日本・アジア青少年サイエンス交流計画(さくらサイエンスプラン),産学官協力,特許データベースなどについて紹介したほか,記者からの質問に答え,「さくらサイエンスプランでは中国の青少年だけでなく,東南アジアなど様々な国の青少年を日本に招いている.このため,参加者は日本の科学技術や文化を学ぶと同時に,他国の同年齢の若者と知り合い,友情を深めることができる」と語った.

 記者会見では,中国科学技術大学とJSTが産学研協力の覚書を締結.同大学は清華大学,北京大学などに続き,JSTとの提携を結んだ7校目の大学となった.

 22日夜には中日交流会が首都大酒店で行われ,在中国日本国大使館の木寺昌人大使,中国教育部留学センターの車偉民副センター長らが挨拶を述べた.木寺大使はイベントの開催を祝うと共に,「日中両国が今後も科学技術,学術,教育,文化などの面でさらなる協力を実現し,互いの知恵を生かして共通の課題を解決していくことを期待する」と述べた.

 イベントを主催したJSTによると,今年は名古屋大学,大阪大学,明治大学など日本の有名大学37校から約100人が北京農業展覧館で行われる中日大学フェア(21日,22日)に参加し,各大学の学校運営の特色や学術成果などのPRを行う.北京でのイベント終了後,24日からは上海で引き続きイベントが行われる.

「人民網日本語版」2015年3月24日

推荐给朋友
  印刷 全文印刷