李克強総理が新中日友好21世紀委員会の委員と会見
2014/12/05

 李克強総理は4日午後、新中日友好21世紀委員会の双方の委員と人民大会堂で会見した。

 李総理は「中日は互いに隣国であり、両国関係の健全で安定した発展は双方にとっても、地域の平和・安定・繁栄にとっても重要だ。対日関係の発展という中国政府の基本方針は終始一貫している。中国政府は中日間の4つの政治文書の定める各原則を基礎に、歴史を鑑として未来に向かう精神に基づき、引き続き政治的障害を克服し、中日の戦略的互恵関係を推進することを主張している。大局と長期に着眼し、双方間の原則的共通認識を確実に実行して初めて、両国関係の改善プロセスの持続的推進が可能となる。両国関係の健全な発展に影響を与える問題を日本側が真摯に扱い、適切に処理することを希望する」と表明。

 「中日の民間は教育、文化、地方、青少年など各分野の友好交流をもっと展開し、両国関係を支える民意の土台を強化し、両国関係の改善に向けて環境を整え続けることができる。新中日友好21世紀委員会が引き続きこれに積極的な役割を発揮することを希望する」と表明した。

 日本側座長の西室泰三氏は「日中関係は非常に重要だ。引き続き努力し、両国関係のたゆまぬ改善を後押ししたい。様々なレベルの交流を強化することで、相互理解を強化したい。今回の会合で双方の委員は率直で誠意ある、踏み込んだ交流を行った。委員会として引き続き日中友好の促進、両国関係の基礎固め、各分野の協力促進のために積極的な役割を発揮したい」と表明した。

 中国側座長の唐家セン氏も会見に出席した。

「人民網日本語版」2014年12月5日

推荐给朋友
  印刷 全文印刷