关于我们
 

総領事館住所:  地図
新潟県新潟市中央区西大畑町5220-18(〒951-8104)

お願い:総領事館はお客様用駐車場がございませんので、ご了承ください
査証業務の受付時間:
月曜日~金曜日(中国,日本の休日を除く) 9:00-12:00;14:00-15:30
連絡方式:
025-228-8888
025-228-8899
025-228-8901(ファックス) 

025-228-8818(ファックス領事業務)
問い合わせ時間:
9:00-12:00 14:00-16:00
メールアドレス:
chinaconsul_nii_jp@mfa.gov.cn

お知らせ
公証認証
査証(CHINESE VISA)
申請表download
中国在日公館
 
一覧へ
トップページ > 中日友好交流
中日米の尺八奏者が北京で一堂に会する き乃はちや小湊昭尚も参加 (2017-11-10)
兪正声議長,日本代表団と会談 (2017-09-12)
中日混合の中学生卓球大会 (2017-09-04)
中日与党交流協議会が日本で開催 (2017-08-16)
「違い」を知って縮める心の距離 (2017-07-26)
北京日本倶楽部で中日映画の講演会 (2017-05-12)
日本で活躍する京劇演出家・呉汝俊さん「一人でも多くの人に中国を好きになってもらいたい」 (2017-05-09)
「李白の錠」と中日友好 (2017-03-24)
中日の愛棋家による熱戦 今回は中国チームが勝利 (2016-12-08)
人の輪を広げる食べ会,中国で日本を紹介するサロン (2016-12-01)
張高麗副総理が日本経済界代表団と会談 (2016-09-23)
中国大学生代表団訪日,「日本企業に触れ日本を感じよう」イベント (2016-05-31)
中日の大学生,日本東北の魅力を発信する「東北 絆プロジェクト」始動 (2016-05-19)
日本の元外務副大臣「観光交流は日中関係発展の最も重要な分野」 (2016-04-12)
2016年日本大学生訪中団第1陣が訪中 中日の若者が交流 (2016-03-28)
日本の与党高官が訪中「中日与党交流協議会」を再開 (2016-03-22)
日中友好団体の新春会に800人が出席 (2016-02-08)
中日韓FTA交渉の第9回交渉会合が東京で開催 (2016-01-19)
国慶節の訪日人気,一方で日本側の受け入れ能力のボトルネックも (2015-10-06)
中国人観光客,「爆買い」に続き日本へ受診に行く価値あるか (2015-10-01)
丹羽宇一郎氏「過去を無視した未来像は信頼を得がたい」 (2015-07-10)
中日大学フェア&フォーラム2015 北京で開幕 (2015-03-24)
東日本大震災から4年 活気を取り戻しつつある被災地 (2015-03-17)
中国の大学生代表団152人が訪日 中日青年交流を強化 (2015-03-17)
人気番組「最強大脳」で中日バトル 日本の9歳少女に会場震撼 (2015-03-17)
「第3回全日本華人華僑春節の夕べ」が東京で開催,有名歌手が出演 (2015-02-03)
李克強総理が新中日友好21世紀委員会の委員と会見 (2014-12-05)
李子君と羽生結弦の記念写真が話題に (2014-12-02)
中国と縁の深かった高倉健さん (2014-11-20)
「東京・中国映画週間」 中国人スターが注目浴びる (2014-10-23)
四川省と広島県の友好提携締結30周年 記念会が成都で実施 (2014-10-23)
バレエでつながる中日両国の縁(えにし) (2014-10-16)
<北京のお気に入り> 言葉より早く国境を越えた将棋-AKB48作曲家 (2014-08-07)
中日文化の違いを検討する書籍「漢魂と和魂--中日文化比較」 (2014-07-24)
北京,日本食材展示会が開催 肌美人が日本酒をPR (2014-07-24)
5月,中国大陸からの訪日客数が前年同月比2倍に (2014-06-23)
中日交流、過小評価してはならない「料理の力」 (2014-06-11)
中日関係はまだ窮地に追い込まれてはいない (2014-06-11)
中国でボランティア活動に従事する日本の青年 (2014-05-30)
国際社会が期待する「平和な日本」のイメージに応えるドラえもん (2014-05-30)
北京の街を撮影する「キヤノンフォトマラソン」 1000人以上が参加 (2014-05-30)
日本の第7回国際漫画賞で香港の漫画家が入賞 (2014-05-30)
汪洋副総理,東京都の舛添知事と会談 (2014-05-12)
汪洋副総理が日本国際貿易促進協会訪中団と会見 (2014-05-12)
東京都知事の北京訪問,外交部「中日地方間の友好交流を支持」 (2014-05-12)
中日米の尺八奏者が北京で一堂に会する き乃はちや小湊昭尚も参加
2017/11/10

「尺八・一声一世」ドキュメンタリーの製作チーム

    北京の前門大街にあるジャズライブのメッカ・Blue Noteで8日、中国で使われなくなって約1千年になる木管楽器・尺八のライブがあり、観客を魅了した。中国網が報じた。

  「尺八・一声一世」告白会と題する同イベントには、米国と日本の一流の尺八奏者のほか、作家・梁文道、映画監督・陸川(ルー・チューアン)なども駆けつけ、さらに、有名ピアニスト・郎朗(ラン・ラン)もビデオのお祝いメッセージを寄せた。

    中国に起源を発する尺八は、竹で作れられており、名称は標準の管長が一尺八寸(約54.5cm)であることに由来する。優しくて豊潤な音色が特徴で、中国では南宋(1127-1279年)以降、少しずつ使われなくなったのに対して、日本では今日までずっとその伝統が受け継がれてきた。もともとは、深編み笠をかぶり各地を行脚し修行する虚無僧の法器(仏事に用いる道具)で、近代になって民謡、ロック、ジャズ、ポップなど、さまざまなジャンルの音楽でも使われるようになった。日本ではアニメのBGMにも使われ、若者が尺八を身近に感じるきっかけとなっている。

    イベントでは、主催側の天人慧致がクラッシック音楽の文化をテーマにした初のドキュメンタリー「尺八・一声一世」の予告動画を発表した。同作品は来年3月に公開される予定で、撮影のために日本に10回訪問するなど、1年以上かけて製作された。同作品には、三橋貴風や海山、き乃はち、小湊昭尚、長須与佳、星梵竹、易佳林、含軒など、日本と中国の尺八奏者が登場し、その人生の軌跡を通して、尺八が直面した危機や希望を描いている。

    うち、民謡尺八演奏家で、作曲家のき乃はちは、人気アニメ「NARUTO -ナルト」のオリジナルサウンドトラック」で尺八を演奏していることで広く知られている。小湊昭尚は、若手尺八奏者の中でも代表的な存在で、伝統と革新をコラボさせた豊富な音色で聞く人を魅了する。日本の人気アニメ「怪盗キッド」、「Axis powers ヘタリア」、ゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」などのサウンドトラックの演奏に参加している。

    中国に起源を発する尺八が日本で受け継がれ、発展し、今日になってまた中国に戻ってきたことに関して、梁文道は、「元の鞘に収まっているというだけでなく、中国の音楽がとても開放的であるということも示している。グローバル化が進む今、中国の音楽にはたくさんの可能性がある。2、30年前にも、チャルメラでジャズを演奏するミュージシャンがいた。いつか、中国人が中国の伝統楽器・古琴で日本の音楽を演奏する日を楽しみにしている。その可能性の背後にある歴史・ルーツやおもしろいエピソード、そして、私たちに美学的な刺激を与えてくれることを期待している」と語った。 (編集KN)

「人民網日本語版」2017年11月10日