孫大剛総領事,新潟大学中国留学生学友会主催「2018年春節聯歓会」に出席
2018/03/02

   1月15日、新潟大学中国留学生学友会主催の2018年春節聯歓会が新潟大学で開催された。孫大剛中国駐新潟総領事、高橋姿新潟大学学長、佐藤孝新潟大学グローバル教育センター長、鈴木光太郎新潟大学大学院現代社会文化研究科長、竹下稔留学交流推進課長、加藤政新潟国際友好市民の会会長、日本の友人、留学生ら合わせて200名近くが参加した。新潟総領事館から領事僑務室、経済商務室の領事が同行した。

新潟総領事館を代表し孫大剛総領事が講話

   孫大剛総領事は総領事館を代表し、中国からの留学生らに対し心から新年のお祝いを述べるとともに、新潟大学が留学生に素晴らしい学習生活環境を与えてくれていることに感謝を示し、加藤政さんを代表とする日本の友人たちの長きに渡る中日友好への貢献と中国の留学生に対する細やかな気遣いに深く感謝した。孫大剛総領事はまた、留学生たちに向けて中国共産党第19回全国代表大会の精神を説明し、学生たちには時間を大切にして一生懸命努力し、改革開放40周年を契機に、積極的に日本の先進技術と管理経験をしっかりと学び、帰国したら祖国のために尽力し、中華民族の偉大なる復興の歴史過程の中でその力を発揮してほしいと語った。

高橋姿新潟大学学長が挨拶

   高橋姿新潟大学学長は挨拶の中で、参加者たちの新春の到来を祝い、学生たちが無事に順調に卒業し、今後も様々な分野で活躍してくれることを、そして新潟大学との友誼がずっと続くことを願っていると話した。

   このほか、加藤政新潟国際友好市民の会会長も挨拶の言葉を述べた。

   留学生たちと日本の友人たちは、太極拳、新潟の伝統舞踊、インド舞踊、インドの歌など…、中国の特色や異国情緒溢れる様々な素晴らしい出し物を披露し、会場には大きな拍手が鳴り響いた。

参加者全員で記念撮影

推荐给朋友
  印刷 全文印刷