孫大剛総領事,井畑明彦新胎内市長を表敬訪問
2017/10/24

   10月11日、孫大剛総領事は新潟県胎内市に赴き、井畑明彦新市長を表敬訪問した。新潟総領事館からは政務文化室の領事が同行した。

   孫総領事は初めに井畑明彦新市長の当選を祝い、胎内市と黒龍江省綏化市が友好都市を締結して以来、継続して行われている青少年相互交流や卓球大会などの友好交流イベントを開催し、両市の友誼をさらに深め、共同発展を促進するために貢献された。井畑市長には、中国を訪問する機会があれば、胎内市の発展した農業、産業先進技術の優位性を以て中国の東北地域と積極的に交流協力を展開し、相互互恵を実現してほしい。総領事館は積極的に協力していきたいと述べた。井畑市長は孫総領事一行を熱烈に歓迎し、以前中国の西安へ観光旅行をした際、現代化された都市とは異なる西安の“古都”の風情が深く印象に残っていると話した。また昨年8月に新潟総領事館主催の“朱鷺杯”中日友好写真展の展示を見て、様々な写真作品から、中国の内陸地域の風土と人情、そして現在の発展状況を理解することができ、多くの作品に深く心を打たれたと語った。また井畑市長は、総領事館の活動を積極的に支持するとともに、友好都市である綏化市を窓口として、さらに中国との交流協力を発展させ日中関係の改善発展が促進することを願うと話した。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷