米山隆一新潟県知事,四川省阿壩州九塞溝県で発生した地震に対し見舞金を贈る
2017/08/28

 8月18日、益田浩新潟県副知事が来館し、中国四川省阿壩州九塞溝県で発生した地震に対し、米山知事からの見舞いの言葉と30万円の見舞金が贈られた。

 益田副知事は、米山知事の四川地震の被災者への見舞状を代読した。新潟県は2004年、2007年と地震が発生した際、中国政府と国民からの多大な支援に対し新潟県民は深い恩を抱いており、同時にこのたび中国の被災された方々の苦しみを自分のことのように感じている。このたび持参した見舞状と見舞金は、被災地の皆様に対し見舞いの気持ちとして総領事館から渡してほしい、被災者の方々には一日も早く普段の生活に戻り、被災地が復興を遂げることを切に希望している、と話した。

 孫大剛総領事は、見舞いの訪問と見舞金を受け、近年中国で大きな自然災害が発生した際、新潟県はいつも誰よりも早く、精神面そして物資面から支援してくれる。このことからも、新潟県及び県民の中国に対する友好感情が十分に表れている。新潟総領事館そして被災者を代表し謹んで感謝申し上げる。新潟総領事館はこの見舞金をできるだけ早く被災地の政府に届けるとともに、新潟県と県民の皆さんの友好感情を被災者の方々に届けたい。このような艱難を共にした経験を通して、両国民の友好感情がますます深まっていくよう願っている、と語った。

 このほか、新潟総領事館の業務エリアの内堀雅雄福島県知事なども、今回の地震に対し見舞いの言葉を述べた。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷