关于我们
 

総領事館住所:  地図
新潟県新潟市中央区西大畑町5220-18(〒951-8104)

お願い:総領事館はお客様用駐車場がございませんので、ご了承ください
査証業務の受付時間:
月曜日~金曜日(中国,日本の休日を除く) 9:00-12:00;14:00-15:30
連絡方式:
025-228-8888
025-228-8899
025-228-8901(ファックス) 

025-228-8818(ファックス領事業務)
問い合わせ時間:
9:00-12:00 14:00-16:00
メールアドレス:
chinaconsul_nii_jp@mfa.gov.cn

お知らせ
公証認証
査証(CHINESE VISA)
申請表download
中国在日公館
 
一覧へ
トップページ > 総領事館ニュース
駐新潟総領事館,「宮城県青少年訪中団」結団式を開催
孫大剛総領事,鈴木憲和衆議院議員と会見
孫大剛総領事,北越紀州製紙株式会社新潟工場を見学 (2018-07-23)
孫大剛総領事,田中角栄先生生誕100周年祝賀音楽会に出席 (2018-07-20)
孫大剛総領事,西松信濃川事件第三回中国強制連行強制労働殉難者追悼式典に出席
第一回新潟・宮城・山形・福島四県中日友好交流大会を新潟で開催
領事室2018年「端午節」休館のお知らせ (2018-06-11)
孫大剛総領事,新潟県商工会連合会早川吉秀新会長と会見
孫大剛総領事,敬和学園大学で講演
孫大剛総領事,張万平ハルビン市副市長と会見
5月の仙台出張申請受付の日程変更について
孫大剛総領事,田中角栄元首相の故郷柏崎市で西山ふるさと館のリニューアルオープン式典に出席
孫大剛総領事,木幡浩福島市長を表敬訪問
孫大剛総領事,「東北文化会館 日中友誼庭園」開園式に出席
領事室2018年「メーデー」休館のお知らせ
孫大剛総領事,郡和子仙台市長を表敬訪問
劉宏副総領事,新潟-上海線就航20周年記念セレモニーに出席
「朱鷺杯」作文コンクール受賞者代表団が訪中交流
孫大剛総領事,北前船交流拡大機構及び北前船寄港地フォーラム2018新春会に出席
駐新潟総領事館と新潟華僑華人総会,2018年新潟華僑華人留学生新春聯歓会を共同開催
孫大剛総領事,仙台大学創立50周年記念式典に出席
孫大剛総領事,齋藤文英会津坂下町町長と古川庄平町議会議長を表敬訪問
柳士発ハルビン市副市長一行,新潟総領事館を表敬訪問 (2018-03-20)
孫大剛総領事,新潟日本香港協会春節セミナー&パーティに出席 (2018-03-05)
孫大剛総領事,ナミックス株式会社を視察 (2018-03-02)
孫大剛総領事,新潟経済新聞の新年対談に出席 (2018-03-02)
孫大剛総領事,酒田地区日中友好協会で講演 (2018-03-02)
孫大剛総領事,新潟大学中国留学生学友会主催「2018年春節聯歓会」に出席 (2018-03-02)
孫大剛総領事,米山知事新年賀詞交歓会に出席 (2018-03-02)
駐新潟総領事館,2018年宮城・福島・山形三県華僑華人留学生新春聯歓会を開催 (2018-02-27)
第4回新潟春節祭,成功裏に開催 (2018-02-21)
孫大剛総領事,諸橋轍次記念館で講演 (2018-02-14)
孫大剛総領事,酒田市北前船寄港地フォーラム記念イベントに出席 (2018-02-14)
孫大剛総領事,橋本克也須賀川市長,佐藤瞭ニ市議会議長を表敬訪問 (2018-02-07)
孫大剛総領事,清水敏男いわき市長,菅波健市議会市長を表敬訪問 (2018-01-20)
孫大剛総領事,鄭美愛韓国駐新潟総領事と会見 (2018-01-20)
孫大剛総領事,鈴木力燕市長一行と会見 (2018-01-20)
領事室2018年「春節」休館のお知らせ (2018-01-18)
新潟総領事館,"遠藤実大賞2017"に参加 (2017-12-28)
孫大剛総領事,新潟中華総商会忘年会に出席,講演 (2017-12-25)
孫大剛総領事,株式会社ブルボンを視察 (2017-12-22)
領事室2018年「元旦節」休館のお知らせ (2017-12-14)
新潟総領事館,第一回領事保護連絡員研修交流会を開催 (2017-12-14)
季文斌代理総領事,第九回諸橋轍次博士記念漢詩大会表彰式に出席 (2017-11-30)
「朱鷺杯」中日友好作文コンクール受賞者発表 (2017-11-30)
駐新潟総領事館,「宮城県青少年訪中団」結団式を開催

    7月8日、駐新潟総領事館は「宮城県青少年訪中団」結団式を宮城県で開催し、劉宏副総領事、吉田祐幸宮城県経済商工観光部長、本郷昌孝訪中団団長らがこのイベントに出席した。

    劉副総領事は挨拶の中で、今回参加する宮城県青少年訪中団のメンバーを熱烈に歓迎するとともに、宮城県の訪中団派遣への多大な協力に心から感謝を述べた。劉副総領事は、今年は中日平和友好条約締結からちょうど40周年、5月初めに李克強総理が日本を正式訪問した際、双方は一連の重要な共通認識に達し、中日関係は改善と発展という重要なチャンスを迎えている。この特別な一年に中国を訪問することは非常に有意義である。皆さんがこの中国訪問の機会を大切にし、中国の青少年と広く交流し、友情を深め、互いに学び合い、共に高め合い、一生の友人となって、中国と日本の世代友好のために共に貢献していってほしいと語った。

    吉田祐幸部長は、仙台にはしっかりとした日中友好の基礎があり、中国の文豪魯迅先生はかつて留学時の経験を元にして書いた『藤野先生』という文章は中国の高校の国語の教科書に掲載され、日中友好の模範的な例として深く人々の心に残っている。このたびの訪中団メンバーが広く友達を作り交流を深め、日中友好が末永く続いてさらに普及するよう望んでいると話した。

    本郷昌孝団長は、日中友好事業が日に日に発展していく肝心な時期に、団長として中国で訪問交流することができ非常に嬉しく思っている。この活動が、両国の青少年の友情を一層深化し、日中友好の旗幟を次世代へと受け継いでいくことの手助けとなるよう願っていると語った。

    2016年より、中日地域間における青少年相互交流と友情の増進を目的として、新潟総領事館は毎年、業務エリア内の東日本大震災によって被災した地域の高校生に中国での訪問交流への参加を呼びかける活動を行い、素晴らしい成果を挙げてきた。今回の宮城県訪中団は、宮城農業高校、宮城工業高校、仙台東高校、仙台育英高校の4校から28名のメンバーで構成され、北京、上海、四川省ブン川大地震の被災地在住の学生たちと交流を行った。