習近平副主席が鳩山由紀夫元首相と会見
2012/03/25

 習近平国家副主席は23日午後、中日民間交流活動に参加するため訪中した日本の鳩山由紀夫元首相と人民大会堂で会見した。

 習首相は「今年は中日国交正常化40周年だ。両国の指導者は今年を『中日国民交流友好年』と定め、現在各分野、各レベルで豊富で多彩な交流活動が繰り広げられている。双方がたゆまず政治的相互信頼を強化し、互恵協力を拡大し、中日関係の新たな発展を促すことを希望する」と述べた。

 また「中日双方は常に両国人民の根本的利益に立ち、中日関係の政治的基礎を共同で守り、常に話し合いを通じて問題を適切に処理し、心を尽くして両国関係の大局を守るべきだ」と強調した。

 鳩山氏は中日関係の発展に関する習副主席の見解に賛同。「日中国交正常化40周年にあたり、両国の前の世代の指導者による重要な共通認識を学び直し、たゆまず政治的相互信頼を強化し、日中民間友好交流を積極的に推し進め、中日韓協力と東アジア統合に向けた協力の推進に共同で尽力し、日中関係のたゆまぬ前進を促したい」と表明した。

 会見には張志軍外務次官、李小林全国友協会長、および日本の丹羽宇一郎駐中国大使が同席した。

「人民網日本語版」2012年3月25日

推荐给朋友
  印刷 全文印刷