李克強総理 中日韓は相互補完性が強く,共に世界市場を開拓できる
2016/03/16

 第12期全国人民代表大会(全人代)第4回会議が16日午前に閉幕し、国務院の李克強総理が人民大会堂3階の金色ホールにて国内外の記者からの質問に答えた。

 【日本経済新聞社記者】中日韓首脳会談が昨年、韓国ソウルで開催された。今年は日本が議長国を務める。3カ国は、朝鮮の核問題や中日韓自由貿易協定(FTA)などを含め、協力できる分野が多い。中国側は、今年の中日韓首脳会議にどのような期待を寄せているか。また、この会議が総理就任後初の訪日となる。多くの専門家は、中国経済のモデルチェンジ・アップグレードのプロセスにおいて、日本企業が発揮できる役割は大きいとの見方を示しているが、中日経済関係の相互補完性について、総理のご意見を伺いたい。

 【李克強総理】私は昨年、韓国での中日韓首脳会議に出席した。本来ならば年に1度の枠組みだが、3年ぶりの再会となり、得難い機会となった。首脳会議を順調に開催するためには、3カ国が協力し合う必要がある。特に中日関係には改善の流れが見られるが、まだ強固ではなく、比較的脆弱だ。双方が歴史問題に対する原則・共同認識に基づいて、言行を一致させる必要がある。私は双方の関係が後戻りすることを望んでいない。

 中日韓関係と言えば、最近の興味深い話題として、韓国の棋士と囲碁プログラムのAlphaGOが対局し、3カ国の国民から高い注目を集めた。これも、3カ国の文化には共通点があるということを示している。私は勝ち負けについては論じたくない。勝ち負けがどうあれ、その人工知能も人間が作ったものだからだ。中日韓3カ国、あるいは中日両国は、知恵でもってスマート製造を推進し、科学技術協力を発展させ、人々が必要とする高品質の製品を創り出していくべきだ。中日韓3カ国の経済は世界経済の5分の1を占め、アジア経済の70%を占めている。我々は高い相互補完性を持ち、共に世界市場を切り開いていくことができる。

「人民網日本語版」2016年3月16日

推荐给朋友
  印刷 全文印刷