習近平主席が安倍晋三首相と会談
2015/04/27

 

 習近平国家主席は22日、要請に応じて日本の安倍晋三首相とジャカルタで会談し、中日関係について意見交換した。

 習主席は「中日関係を扱う大原則は、中日間の4つの政治文書の精神に厳格に従い、両国関係が正しい方向に沿って発展するよう確保することだ。昨年双方が合意した4つの原則的共通認識はこの考えを集中的に体現している。歴史問題は中日関係の政治的基礎に関わる重大な原則問題だ。日本側がアジア隣国の懸念を真剣に受け止め、歴史を直視する積極的なメッセージを対外発信することを希望する」と表明。

 「中日双方は積極的な政策を互いに遂行する必要がある。日本側との対話や意思疎通を強化し、疑念を解消して信頼を強化し、『中日は互いに協力パートナーであり、脅威とならない』との中日間の第4の政治文書の共通認識を広範な社会的共通認識にすべく努力したい。双方は引き続き各分野の交流を展開し、両国民の相互理解・認識を深める必要がある。『1ベルト、1ロード』(シルクロード経済ベルト、21世紀海上シルクロード)の建設とアジアインフラ投資銀行(AIIB)の設立という中国の呼びかけは、国際社会からあまねく歓迎されている」と強調した。

 習主席は「平和、発展、協力、ウィンウィンはすでに不可逆の時代的潮流だ。中国は平和的発展の道を断固として歩む。日本が中国と共に平和的発展の道を歩み、世界と地域の平和・安定・繁栄に一層の貢献を果たすことを希望する。両国指導者はこのためにしかるべき責任を果たす必要がある」と述べた。

 安倍首相は「習主席と再会できたことを嬉しく思う。私は日中関係の改善を強く望んでいる。日中関係の発展は両国民および世界の平和と発展にとってプラスだ。日中両国の発展が互いに脅威とならないことに完全に同意する。日本側は昨年合意した4つの原則的共通認識を実行に移し、各分野で両国間の交流と対話を積極的に推進し、両国民の相互理解を強化することを望んでいる。私と内閣は『村山談話』を含む歴代内閣の歴史問題における認識を継承する考えを様々な場で約束してきた。この立場に変わりはない。日本は平和的発展の道を引き続き歩むことを決意している。日本側はアジア地域のインフラ投資需要が多大であることを認識し、この認識を元にアジアインフラ投資銀行について中国側と検討することを望んでいる」と表明した。

「人民網日本語版」2015年4月23日

推荐给朋友
  印刷 全文印刷