アジア安全保障会議:中米による新型の大国間関係の構築が焦点
2013/06/03

  年に一度のアジア安全保障会議(シャングリラ・ダイアローグ)がシンガポールのシャングリラホテルで5月31日から6月2日の日程で開催され、30カ国の国防相と政府要人が地域の安全保障情勢その他安全保障上の重大関心事について率直な意見交換を行なっている。衝突や論戦もあるが、基調は戦略面の相互信頼の強化、地域の平和構築であり、間もなく行なわれる中米首脳会談および両国による新型の大国間関係の構築も焦点となっている。

  ベトナムのグエン・タン・ズン首相は開幕式の基調演説で、戦略面の相互信頼の構築が地域の平和・安全保障にとって重要な意義を持つことを重点的に強調。地域と世界の将来において米中はより重要な役割を果たすべきだと特に言及した。ヘーゲル米国防長官は1日の演説で、中国との積極的、建設的な関係の構築は米国の「アジア太平洋リバランス」戦略にとって必要なことだと指摘。「米国は繁栄する中国を歓迎し、支持する。中国の成功は地域的、世界的問題の解決に資する」と述べて、地域と世界の平和・安定に対する中米関係の重要性を一層明確に指摘した。

  「今回のアジア安全保障会議でも中国に関する話題が引き続き大部分の討論を主導する」。シンガポール国立大学アジア・グローバル化研究所の黄靖所長は本紙記者の取材に「これまでのアジア安全保障会議と比較すると今回の会議で南中国海問題は絶えず煽り立てる人はいるものの、主要な注目点とはなっていない。グエン・タン・ズン首相の基調演説も、ヘーゲル長官の演説も、日本の小野寺五典防衛相の演説も、南中国海問題を重点にしなかった」と指摘した。

  シンガポール南洋理工大学RSISの胡逸山シニアフェローは本紙取材に「今回のアジア安全保障会議は中米首脳会談を前に行なわれるため、中米関係に特別な関心が集まっている。ヘーゲル長官は『中米両国首脳は両国がより緊密な両軍関係を構築する必要性をはっきりと意識している。両軍間の対話が徐々に改善していることに私は満足している』と述べた」と指摘した。

  ヘーゲル長官は1日の演説で「太平洋の大国として米国はアジア太平洋地域で重大な利益を有している」と強調。昨年パネッタ前国防長官が表明した軍事面の「アジア太平洋リバランス」戦略には、国防政策の連続性をアジア太平洋の同盟国に示す意図があることを改めて指摘した。

  パネッタ前長官が昨年のアジア安全保障会議で米海軍艦艇の60%を太平洋に配備すると宣言したのに続き、ヘーゲル長官はアジア太平洋地域に配備する地上部隊を増員すると同時に、空軍の海外戦力の60%をアジア太平洋に配備すると表明。イラクとアフガニスタンの海兵隊第1遠征軍と第3遠征軍および陸軍第25歩兵師団を太平洋地域の基地に戻すことを明らかにした。陸軍第1軍もアジア太平洋地域に配備されるという。ヘーゲル長官は「空軍のアジア太平洋へのシフトは空軍の機動性、作戦の範囲と柔軟性の向上に資する」と述べた。

 中国軍事科学院の姚雲竹研究員の「軍事力の60%をアジア太平洋にシフトするという状況の中で、米国の戦略が中国封じ込めではないとどうやって中国を説得するのか」との質問に、ヘーゲル長官は「米中両国がより緊密な軍事関係を築く必要がある本当の理由はまさにそこにある。われわれは誤った判断や誤解を望まない。これらを防ぐ唯一の道が意思疎通を保つと同時に、互い(の懸念)に直接向き合うことだ。われわれは進展を得つつあると私は考えている」と述べた。

 黄氏は「中国は現在中米による新型の大国間関係の構築を提言している。対等を基礎に利益交換を行ない、相手国の根本的利益を互いに損なわず、積極的に協力を図ることがその戦略的基礎だ。ヘーゲル長官の演説は新型の大国間関係の構築という中国指導者の提言にある程度呼応するものであり、習主席訪米に向けて良好な雰囲気がつくられた。ヘーゲル長官は演説で米国の『アジア太平洋リバランス戦略』は対立ではなく、協力を図るものだと繰り返し強調した。これは米国が圧力を前に『アジア太平洋リバランス戦略』を少し調整したことを示しており、積極的な意義を持つ」と指摘した。

 今回のアジア安全保障会議には戚建国副総参謀長が中国人民解放軍代表団の団長として派遣され、2日の会議「アジア太平洋の安全保障情勢の新たな趨勢」で演説を行なった。黄氏は「多国間の場で自らの声を発することの重要性を中国は次第に意識しつつある。世界的大国として中国は国際的過程に積極的に参加する必要がある。アジア安全保障会議への代表団の継続的派遣は、中国が対外問題において受動から主導へと転換しつつあることをはっきりと示すものだ」と指摘した。

 「人民網日本語版」2013年6月2日

推荐给朋友
  印刷 全文印刷