低濃度汚染水,海への投棄開始 福島第1原発で
官房長官「安全確保のため、やむを得ない」
2011/04/04

 東京電力は4日、福島第1原子力発電所で国の排水基準の約100倍に相当する「低レベル放射性物質」を含む汚染水約1万1500トンの海への放出を始めたと発表した。タービン建屋の地下などにたまり海に流れ出ている「高レベル」汚染水に比べれば放射性物質の濃度は低い。低レベル汚染水を海に出し、空いた場所に高レベル汚染水を入れて浄化処理などを進める苦肉の策となる。

日本経済新聞2011年4月4日

推荐给朋友
  印刷 全文印刷