日本の安倍首相が楊潔チ国務委員と会談
2015/10/16

 日本の安倍晋三首相は14日、第2回中日ハイレベル政治対話に出席した楊潔チ国務委員と首相官邸で会談した。人民日報が伝えた。

 安倍首相は「第2回日中ハイレベル政治対話は前向きな成果を挙げた。日中は世界第3、第2のエコノミーであり、安定した友好的な日中関係の構築は世界の平和を維持し、世界経済の発展を促進するうえでプラスであり、両国民の利益だけでなく、国際社会の期待に合致する。日本側は日中戦略的互恵関係の積極的な構築という基本構想に基づき、両国間のハイレベル対話・接触を継続し、経済・文化分野の交流や協力を強化し、人的往来の拡大を奨励し、溝をうまく処理・管理し、日中関係のより緊密な発展を後押しすることを望んでいる。日本は揺るがずに平和的発展の道を歩み、歴史の教訓を汲み取ったうえで世界平和に貢献する」と表明。

 「日本側は中国側や韓国側と共に努力して、近くソウルで行われる日中韓首脳会議が重要な成果を挙げるようにする」と述べた。

 楊国務委員は「中日関係の長期的で健全な安定した発展の実現は両国および両国民の根本的利益に合致し、地域の平和・安定・発展にも関係する。双方が対話や意思疎通を一層強化し、各分野の実務交流や協力を推進し、中日関係の持続的な改善や発展を後押しするために共にしっかりと努力することを希望する」と表明。

 「中日間の4つの基本文書を基礎に、歴史を鑑として未来に向かう精神に基づき、中日の戦略的互恵関係を推進するという中国側の方針は明確で一貫したものだ。日本側が中日が中日関係の扱いと改善についての4つの原則的共通認識をしっかりと実行に移し、重大で敏感な問題を適切に処理し、管理し、平和的発展路線を堅持することを希望する」「関係各国の共同努力の下、中日韓首脳会議は成功すると信じている」と強調した。

 同日、楊国務委員は菅義偉内閣官房長官、二階俊博自民党総務会長、福田康夫元首相とも会談した。

「人民網日本語版」2015年10月15日

推荐给朋友
  印刷 全文印刷