「第26回東京国際映画祭」が開幕
2013/10/18

 「第26回東京国際映画祭」(TIFF)が17日、東京・六本木ヒルズで開幕した。今回、コンペティション国際審査委員長を務めるのは中国の巨匠・陳凱歌(チェン・カイコー)監督。審査委員や審査員長として参加する中国の映画関係者は2003年の女優・鞏俐(コン・リー)や2005年の張芸謀(チャン・イーモウ)監督に続いて3人目となった。陳監督は取材に対して、「同映画祭で、興奮させられる面白い映画が見られることを願っている。私は本当に良い映画を見逃すことはない。若い映画監督が優秀な作品を制作できるよう励ましたい」と語った。新華網が報じた。

 今回の参加者も、米俳優トム・ハンクス、ロバート・デ・ニーロ、女優で監督のソフィア・コッポラと父親のフランシス・フォード・コッポラなど、超豪華な顔触れとなっている。同日には例年どおり、レッドカーペットならぬペットボトルリサイクル素材製の「グリーンカーペット」のイベントが開催された。

 同映画祭は25日まで9日間開催され、グランプリを目指す作品や特別招待作品など、世界中から集まった最新の話題作・注目作約300作品が上映される。

 中国語映画は今回も重要な役割を演出し、11作品がノミネートされ上映される。うち、中国の女性監督・寧瀛(ニン・イン)の「オルドス警察日記」が「東京サクラグランプリ」を目指してノミネートされた。また、人気女優・趙薇(ヴィッキー・チャオ)の監督デビュー作品「SoYoung(原題:致我們終將逝去的青春)」が「ワールド・フォーカス」部門で上映される。さらに同映画祭の提携企画として、17-23日の期間中に「2013東京/沖縄・中国映画週間」が開催。「北京ロマンinシアトル」など日本で未公開の作品を含む最新の中国映画8本が上映される。

 17日の開幕セレモニーでは陳監督も注目を集めた。同日行われたコンペティション審査委員記者会見では、新作の進展や審査に関する質問がメディアから集中し、陳監督は「一番見たいのは、個人の独特の経験ができる作品。特に若い映画監督の作品に期待している」と述べた。

 国際映画制作者連盟(FIAPF)が認定するAランクの国際映画祭の1つである東京国際映画祭。今年のオープニング作品はトム・ハンクス主演の「キャプテン・フィリップス」。一方、クロージング作品は、三谷幸喜監督が書き下ろした小説を自ら脚色し、メガホンをとって映画化した「清須会議」だ。

人民網日本語版2013年10月18日

推荐给朋友
  印刷 全文印刷