日本観光が回復 富裕層が中心
2013/10/14

 

 日本を訪問する中国人観光客数が回復する傾向を見せている。東京や大阪の高級ホテルは6月から宿泊率が好転し、中国人観光客が使用する銀聯カードの日本での精算金額も史上最高を記録した。昨年9月に中日関係が悪化して以来、訪日する中国人観光客数は低下を続けていたが、現在富裕層を中心とする観光客数は回復を始めている。国際金融報が伝えた。

「人民網日本語版」2013年10月12日

推荐给朋友
  印刷 全文印刷