关于我们
 

総領事館住所:  地図
新潟県新潟市中央区西大畑町5220-18(〒951-8104)

お願い:総領事館はお客様用駐車場がございませんので、ご了承ください
査証業務の受付時間:
月曜日~金曜日(中国,日本の休日を除く) 9:00-12:00;14:00-15:30
連絡方式:
025-228-8888
025-228-8899
025-228-8901(ファックス) 

025-228-8818(ファックス領事業務)
問い合わせ時間:
9:00-12:00 14:00-16:00
メールアドレス:
chinaconsul_nii_jp@mfa.gov.cn

お知らせ
公証認証
査証(CHINESE VISA)
申請表download
中国在日公館
 
一覧へ
トップページ > 日本ニュース
安倍「超長期政権」も勝手な行動はできない (2017-11-10)
日本はいつまでAIIBを拒絶していられるか? (2017-05-24)
日本共産党委員長,自衛隊の米軍防護を激しく批判 (2017-05-02)
日本福岛县知事批评安倍不提核事故 (2017-03-15)
横井裕・新駐中国大使が着任 初の記者会見開催 (2016-05-19)
日本の民進党 安倍氏を批判し,政権交代を目指す (2016-03-30)
後世に害をもたらす「安倍教育学」 (2016-03-22)
日本の安倍首相が楊潔チ国務委員と会談 (2015-10-16)
総裁再選後の安倍首相,山積する課題に直面 (2015-09-15)
日本の新エネルギー産業,多面的な支援で着実進展 (2014-12-02)
安倍首相,会談は「大きな一歩」 海上連絡メカニズム構築へ (2014-11-12)
李総理の「高速鉄道外交」,世界中に精力的に売り込み (2014-10-16)
立ちすくむ日系企業の対印投資 インフラなどが難題 (2014-09-16)
安倍政権が開けた「パンドラの箱」 新防衛白書発表 (2014-08-07)
日産 中国で開発されたコンセプトカーで新機軸を切り開く (2014-05-02)
日本の高速鉄道技術,世界進出の野心を示す (2014-05-02)
東京で市民が東日本大震災3周年の集会 (2014-03-12)
日本のNHK会長,誤った発言を「痛切に反省」 (2014-02-20)
日本の村山富市元首相が元慰安婦と面会 (2014-02-13)
村山元首相「安倍首相は靖国参拝を反省すべき」 (2014-01-24)
公明党代表「安倍首相は近隣国との関係修復を」 (2014-01-20)
東京オートサロンが開幕 (2014-01-14)
公明党党首,安倍首相は国際社会の参拝反対の声に耳を傾けるべき (2014-01-04)
和食が無形文化遺産に登録 和食離れ食い止めに期待 (2013-12-15)
ぬいぐるみの日本観光 旅行会社の新たなPR手法 (2013-11-06)
日本の「産業競争力強化法案」 産業の新陳代謝を (2013-10-24)
「第26回東京国際映画祭」が開幕 (2013-10-18)
日本で漢詩創作がひそかなブームに (2013-10-14)
日本観光が回復 富裕層が中心 (2013-10-14)
高齢化が日本経済を直撃 地方自治体も危機に直面か (2013-10-06)
漢方の産業化,産官学で動き活発 特区で日本政府に提案 (2013-09-27)
国家戦略特区案を取りまとめ 解雇規制緩和や移民受け入れ (2013-08-02)
TPP会合が開幕=日本初参加へ-マレーシア (2013-07-16)
みずほ銀行が合併により日本第2位の規模に (2013-07-03)
日本 特区建設で科学技術イノベーション推進 (2013-06-25)
日本政府税調が初会合 首相「成長と財政健全化を両立」 (2013-06-25)
中国人学生の日本のトップクラス大学受験の難易度を引下げ (2013-06-19)
日仏,「相互信頼の特別なパートナーシップ」を構築 (2013-06-10)
日本に最新のリニアが登場 時速500キロに (2013-06-05)
日本厚労省,都市高齢化対策の検討会で初会合 (2013-05-21)
木寺・駐中国大使着任レセプション,北京で開催 (2013-04-25)
日本型資本主義を議論 日本政府が諮問会議に専門組織 (2013-04-15)
円安・株高が加速,日銀の新たな金融緩和策受け (2013-04-06)
医療機器,官民で輸出 日本の成長戦略に盛り込む (2013-03-21)
日本 TPP交渉参加を正式に表明 (2013-03-18)
安倍「超長期政権」も勝手な行動はできない
2017/11/10

   日本の衆議院選挙で勝利した自民党と公明党の連立与党は1日召集の特別国会で首相指名選挙と衆院正副議長選挙を行い、安倍首相を再選した。新華社が伝えた。

   慣例によって安倍首相が新内閣を組閣。菅義偉官房長官は1日午後、現閣僚全員の再任を発表した。

   衆院選後、日本政界は「一強多弱」構造がさらに強まり、安倍首相は「超長期政権」を図り、改憲プロセスを加速する可能性が高いと指摘される。だが安倍政権は依然内部に問題を抱えており、安倍首相が今後勝手な行動を取れるわけではない。

   まず、安倍首相の指導する自民党と政権パートナーである公明党とは選挙後、大変微妙な関係になった。両党間には改憲問題で元々溝があるうえ、公明党とその支持団体は森友学園や加計学園の問題でも自民党に不満を抱いてきた。今回の選挙では自民党が大勝する一方で、公明党は惨敗し、2012年の第2次安倍内閣発足以来、最低の議席数となった。共同通信社は、公明党は議席減少で自民党との間にしこりが生じており、憲法問題をめぐる両党の溝は一層広がったと分析する。

   次に、安倍内閣は内部に不安定化要因を抱える。閣僚の頻繁な失言及び支離滅裂な国会答弁が内閣支持率の低下を招いた原因の1つであり、安倍首相は大変頭を痛めていた。このため8月の内閣改造時に安倍首相は、経験豊富なベテラン政治家を複数選んだ。だが事実が証明するように、「精兵強将」を選んでも安倍首相の悩みは消えなかった。麻生太郎副総理兼財相は選挙後、自民党の大勝は「朝鮮のおかげ」と述べたことで、「危機を誇張し、利用する発言」と各界から痛烈に批判された。

   第3に、安倍「一人勝ち」の局面を一度は脅かした森友学園、加計学園の問題も収拾にはほど遠い。伊藤真・日本法学館憲法研究所所長は、安倍首相が友人に利益を図った疑いのある加計学園の問題は現在日本にとって大変重要な問題であり、政府は事態の早期収拾を望んでいるが、国民はそのような幕引きを決して許さないと指摘する。(編集NA)

「人民網日本語版」2017年11月6日