山形:ハルビンで「やまがたフェア」開幕 県と南方航空がチャーター便運航の覚書
2012/06/14

 

 友好県省の盟約を結ぶ中国・黒竜江省の省都ハルビンで13日、山形県のPRイベント「やまがたフェアインハルビン」が開幕、県代表団(団長・吉村美栄子知事)は観光情報交流会で四季の豊かさ、伝統文化など山形県の魅力をPRした。山形県は席上、両県省を結ぶチャーター便運航に向け、南方航空と相互協力を図る覚書を交わした。

 市内のホテルで開かれた観光情報交流会は、両県省の観光業者が旅行商品の開発に向けて情報交換する観光商談会、観光物産情報を紹介し合う観光交流セミナー、交流懇談会の3部構成。セミナーで吉村知事は、約160人を前に、山形県の魅力を▽四季の豊かさ▽独自の伝統文化▽温泉▽食-の各分野ごとに紹介。「チャーター便運航を実現し、多くの観光客を山形に送り出してほしい」と強調した。同省の程幼東副省長は「来年は(友好県省の盟約締結)20周年。友好関係が新たな段階に入ると確信している」と歓迎した。

 チャーター便運航に向けた覚書には、吉村知事と南方航空の王東航書記が調印。今後、チャーター便を利用した訪中団の派遣や、旅行商品の開発支援を山形県側が企画し、同省側が運航実現に向けて協力する。

 一方、山形県代表団の一員として訪中している東方水上シルクロード貿易促進協議会(新田嘉一会長)は交流会の席上、中国大手スーパー楽松購物広場を経営する嘉天房地産開発と、山形県産農産物の常設販売ブースを設ける契約を締結。具体的な時期は未定だが、つや姫5トンを輸出する内容を盛り込んだ。

 フェアは19日まで。15~19日に開く国際経済貿易商談会への参加者を除き、一行は16日に帰国する。

山形新聞2012年6月14日

推荐给朋友
  印刷 全文印刷