福島:泉崎に「メガソーラー」県内最大級,13年度稼働へ
2012/06/08

 

 不動産大手の森トラスト(東京都、森章社長)は7日、東日本大震災後に休業している泉崎村のラフォーレ白河ゴルフコースに1時間当たりの発電出力2メガワット(2000キロワット)の大規模太陽光発電施設(メガソーラー)を建設、2013(平成25)年度から稼働させる計画を明らかにした。段階的に発電施設を増設、将来は東北最大級となる10メガワットの発電出力を目指す。東京電力福島第1原発事故を受けて再生可能エネルギーの産業集積を進める福島県でメガソーラー事業を展開することで、地域経済の活性化と新産業の基盤づくりにつなげる。

 2012年6月8日福島民友ニュース

推荐给朋友
  印刷 全文印刷