福島:「会津医療センター」開所 地域医療の充実誓う
2013/05/13

 診療に加え教育、研究機能を備え、会津地域の医療拠点としての役割が期待される福島医大会津医療センターが11日、会津若松市河東町谷沢字前田21の2に開所した。同日、式典や辞令交付式などが行われ、関係者が開所を祝うとともに地域医療の充実、発展を誓い合った。

 式典では福島医大の菊地臣一理事長が「充実した教育、研究、診療体制を整えることができた。地域医療における『福島モデル』として全国に発信したい」と式辞、来賓の佐藤雄平知事が「最先端の医療の提供と人材育成の拠点としての役割を期待したい」と祝辞を述べた。高久史麿センター長が「安全、安心な医療提供へ一丸で取り組む」と謝辞を述べた後、関係者がテープカットした。内覧会では地域からの設置要望が強かった血液内科や福島県内初となる漢方内科などが設置され、最先端の医療機器を備えたセンターが公開された。

(2013年5月12日福島民友ニュース)

推荐给朋友
  印刷 全文印刷