新潟:放鳥トキ,今年初のひな誕生
2013/04/15

 日本環境省は14日、佐渡市の放鳥トキのペア1組が、ひなに餌を与えるような行動があったとして、ひなが誕生したと発表した。自然界でのふ化は今年初めてで、昨年に続き2年連続。同省によると、ひなの姿は確認できておらず、ふ化日は不明。このペアは同じ親から生まれた兄妹に当たり、同省は遺伝的な悪影響が出る恐れがあるとして、ひなを捕獲して人工飼育に切り替える方針。

 親鳥は6歳雄と4歳雌で、2月28日に営巣を開始。3月14日に抱卵が確認され、4月10日からふ化予定日に入っていた。

新潟日報2013年4月14日

推荐给朋友
  印刷 全文印刷