中国駐新潟総領事館,「領事保護業務キャンパス出張」講座を開催
2017/11/28

   新潟総領事館は、10月30日に山形大学米沢キャンパス、11月7日に会津大学で、「領事保護業務キャンパス出張」講座を開催し、新潟総領事館から教育室の張袁松領事と領事僑務室の王煥領事が参加した。黒田充紀山形大学米沢キャンパス副学長、仁科浩美米沢キャンパス国際センター副主任、中西為雄米沢キャンパス留学生担当、程子学会津大学副学長がそれぞれこの活動に出席した。

黒田充紀山形大学米沢キャンパス副学長と会見

   両大学で、王煥領事は近年発生した留学生の領事保護案件と結びつけて、領事保護に関する知識について講義した。新潟総領事館が作成したPR小冊子『領事保護と協力・支援に関するアドバイス』等を配布し、学生たちに法律を遵守し、安全を確保するよう丁寧にアドバイスした。張袁松領事は最新の留学政策や留学生が必要な各手続きについて講義した。

講座の様子(山形大学米沢キャンパス)

講座の様子(会津大学)

   この活動に参加した学生たちは、内容はとても充実していて、形式がユニークであり、皆にとってプラスとなるものであったと話した。また今後は安全に留意しながら熱心に学び、祖国のために尽力し、“安全な留学、健康な留学、道徳的な留学、成功を収める留学”という目標を達成したいと語った。

   このほか、山形大学米沢キャンパスでは、この活動が始まる前に、王煥領事と張袁松領事は黒田充紀副学部長を表敬訪問した。

記念撮影(山形大学米沢キャンパス)

記念撮影(会津大学)

推荐给朋友
  印刷 全文印刷