中国江蘇省にワンピースのテーマパーク建設へ
2012/05/22

 中国江蘇省の中部、上海の北側に位置する大豊市で「第三回麋鹿(シフゾウ)生態観光祭」が開幕した16日、同市の港区では日本の人気アニメ「ワンピース」のテーマパークの建設が始まった。同プロジェクトには総額5億元(約60億円)が投資される計画。中国でも絶大な人気を誇るワンピースを中心にしたアニメの登場人物を同市のPR役として起用し、オリジナリティあふれたテーマパークを構築することで、子供を含むさらに多くの観光客を集客するのがねらい。中国国営の通信社「中国新聞社」(電子版)が報じた。

 大豊市は海、湿地、森林の3大自然資源を有する、中国でも指折りの観光都市。一方、10年以上かけて建設された大豊港は対外に開放された「国家一類口岸(港)」であるため韓国や日本、ロシア、および欧米諸国への国際航路だけでなく、台湾への直行便も設置されるなど、江蘇省中部では唯一の国際的な海上交通ルートとなっている。

 海洋観光の発展を促進しようと、大豊港は「ワンピース」のテーマパークの建設を決めた。敷地面積約133ヘクタール(東京ドーム約29個分)に建設される同パーク建設プロジェクトは総額5億元が投資され、日本のアニメの計画専門会社にパーク全体のイメージデザインを委託して、テーマレストランやアニメ研究センター、アパレル・書籍の外延産業など産業間化構想の構築を進める計画。

(人民網より)

推荐给朋友
  印刷 全文印刷