中日韓3国が投資協定に正式署名
2012/05/14

 『中華人民共和国政府、日本国政府及び大韓民国政府3ヶ国の投資を促進、便利と保護する協定』が13日、北京で正式に署名された。

 中日韓による投資協定をめぐる協議は、2007年から始まって以来、5年を経て、中日韓3ヶ国は、前後13回の公式な交渉と非公式な協議を行い、2012年3月下旬に円満に終わった。

 中日韓投資協定の署名は中日韓3ヵ国間の貿易協力にとって、一里塚としての重要な意義を持っている。これは、中日韓は、3ヵ国の投資を保護、促進するための初の法的文書として、制度的な取り決めとして、中日韓自由貿易協定(FTA)の構築に向け、重要な基礎を作った。

(新華網より)

推荐给朋友
  印刷 全文印刷