国務院ゲーム機解禁,任天堂11%急騰
2014/01/14

 中国国務院はこのほど、「国務院の中国(上海)自由貿易試験区内における行政法規および国務院文書が規定する行政審査あるいは特別管理措置認可に関する暫定調整の決定」を正式に公布した。この決定は、「13年の長きにわたったテレビゲーム機禁止令」の解除とさえ形容されている。しかし国内のほとんどのゲーム愛好家にとって、「解除」に「全面的な」の文意がなければ意味はない。この決定は直ちに任天堂に目前の利をもたらした。国務院の決定発表後、任天堂の東証株価は急騰した。人民網が伝えた。

 BBCの報道によると、東証での任天堂の株価は11%跳ね上がり、1万5850円の高値。報道はさらに、ゲーム機市場は制限を受けているが、昨年の中国のゲーム機市場価値は38%成長、ゲーム市場全体の規模は830億元に達している。

「人民網日本語版」2014年1月10日

推荐给朋友
  印刷 全文印刷