关于我们
 

総領事館住所:  地図
新潟県新潟市中央区西大畑町5220-18(〒951-8104)

お願い:総領事館はお客様用駐車場がございませんので、ご了承ください
査証業務の受付時間:
月曜日~金曜日(中国,日本の休日を除く) 9:00-12:00;14:00-15:30
連絡方式:
025-228-8888
025-228-8899
025-228-8901(ファックス) 

025-228-8818(ファックス領事業務)
問い合わせ時間:
9:00-12:00 14:00-16:00
メールアドレス:
chinaconsul_nii_jp@mfa.gov.cn

お知らせ
公証認証
査証(CHINESE VISA)
申請表download
中国在日公館
 
一覧へ
トップページ > 中日経済協力
孫大剛総領事,宋瑞霖中国医薬イノベーション促進会会長らと意見交換
汪洋副総理が日本経済界訪中団と会談 (2017-06-15)
吉林大学日本商工連合会が東京で設立 (2017-05-18)
中日アマゾンの提携が実現 海外購入の選択肢豊富に (2017-04-10)
中国市場を狙う日本の米 背景にTPP (2016-06-28)
中国経済は「新常態」へ 日系企業の発展は? (2016-03-11)
中国人「爆買い」で困る鳥取県 ネット民「日本の観光客受け入れ能力が低すぎる」 (2015-07-10)
「中国通」を欠く資生堂 中国で業績伸ばせるか? (2015-07-10)
日本の学者「中日の経済は切っても切れない関係」 (2014-11-13)
青島西海岸新区 中日経済貿易協力に新チャンスを (2014-07-01)
在中国日系企業の93.7% 「中国市場を堅守していきたい」 (2014-06-23)
中国,産業用ロボット最大の買い手に 日本が主な輸入元 (2014-06-05)
「日中アジア経営者フォーラム」が開催 アジア企業の未来を検討 (2014-06-05)
日本貿易のモデル転換・バージョンアップの道のり (2014-05-31)
中日韓投資協定が発効 経済貿易協力が新ステージへ (2014-05-20)
中国とASEAN 文化対話・協力の推進に同意 (2014-04-21)
中日貿易,2014年も低迷か (2014-03-18)
ファーストリテイリング,香港でHDR上場 (2014-03-07)
国務院ゲーム機解禁,任天堂11%急騰 (2014-01-14)
中日両国,天然ガス価格決定で共闘 (2013-12-20)
トヨタ,「誠意」で中国における現地化を推進 (2013-11-28)
康師博が日本企業と提携し中国粉ミルク市場参入図る (2013-11-28)
みずほ金融研修,中日金融交流の場に (2013-11-01)
中日韓自由貿易区第3回交渉 来月に日本で開催 (2013-11-01)
日本車が中国で回復 新車投入で販売を刺激 (2013-10-21)
中日貿易に改善の兆し 対日輸出が15カ月ぶりに増加 (2013-10-15)
東芝の中国テレビ工場 医療機器生産に転向か (2013-09-05)
王華総領事が日本電子山形クリエイティブ株式会社を見学 (2013-08-19)
日東電工 上海にイノベーションセンターを設立 (2013-07-09)
新潟総領事館,新潟で農業交流のため研究調査を行う (2013-05-29)
安川電機・デンソー,中国でロボット技術者養成 (2013-05-21)
日東電工,中国でインフラ補修資材 20億円投資し合弁設立 (2013-05-13)
三菱重工が中国に合弁会社設立 (2013-04-25)
日本トピー工業 青島で過去最大規模のプロジェクト (2013-04-19)
王華総領事,新潟県内高齢者介護施設などを見学 (2013-04-05)
中国の医薬品流通大手と合弁 ココカラファインなど (2013-04-01)
王華総領事,南魚沼市を視察 (2013-03-30)
王華総領事,藤田観光株式会社理事藤田基彦氏と会見 (2013-03-09)
食品スーパー,中国でテコ入れ セブン&アイ (2013-03-04)
新日本建物 青島市で観光・医療・介護事業を推進 (2013-03-02)
王華総領事,野村ホールディングス中国業務委員会主席吉沢徳安氏と会見 (2013-03-01)
循環型経済 中日両国が共同推進 (2013-03-01)
ブリヂストン,中国・瀋陽のタイヤ工場移転 生産能力35%増 (2013-02-25)
ツガミ,中国子会社を香港上場へ 00億円調達目指す (2013-02-18)
富士機械製造,中国で工作機械を本格生産 (2013-02-05)
孫大剛総領事,宋瑞霖中国医薬イノベーション促進会会長らと意見交換

 7月13日、孫大剛総領事は宋瑞霖中国医薬イノベーション促進会執行会長、何枝香港勝利何枝有限会社主席一行と館内で会見した。

 孫総領事は、近年中国国内では現代農業、健康食品、医薬、衛生、介護サービス等の産業の需要が高まっており、経済社会への効果は顕著であり発展の潜在力はとても大きい。新潟県には関連分野において技術の優位性と進んだ経験があり、また中国の関連地域と実務的協力の展開にも積極的な姿勢を見せている。双方の企業には、この点を切り口として、両国の地域間協力の内容を引き続き充実させ、これらの分野での協力がより実務的により深化するよう協力していただきたい。総領事館はこのために出来る限り支援しサポートしていきたいと述べた。

 宋会長は、国内消費のレベルアップと、住民の健康志向の持続的な高まりに合わせて、健康食品と医薬・衛生も重視されるようになった。日本の製薬レベルは世界でも高いレベルであり、現代農業と保健、医薬等の関連産業チェーンは融合且つ発展の機が熟し、特に新潟県の関連分野の先進技術と経験は学んで手本にするのにふさわしい。今後は協力の方法とルートを積極的に開拓し、将来性のあるプロジェクトについてはできるだけ早い着地を推進していきたいと思っている。新潟総領事館の関心と支援が得られるよう望んでいると話した。