孫大剛総領事,宮城県日中友好協会2017年度総会・懇親会に出席
2017/09/13

 8月26日、孫大剛総領事は宮城県日中友好協会の2017年度総会・懇親会に招きに応じて出席した。宮城県日中友好協会会員及び総領事館の関係領事ら50人余りが参加した。

 孫総領事は挨拶の中で、宮城県日中友好協会は1952年10月1日に発足してから数十年来、日中の民間友好交流の推進と両国関係発展の促進のため、たゆまない努力と貴重な貢献をされてきた。特に2003年からは、現在に至るまで15年間、会員を組織し吉林へ赴き植林活動を行い、吉林省政府と人々から高い関心と好評を受けている。その他にも、「2016仙台・中国映画週間」活動への積極的な参加、中国語スピーチコンテストの主催、魯迅先生の生誕記念活動への参与、総領事館結成の日本青年訪中団活動への参与など、始終日中の民間友好交流について積極的な役割を果たしており、これについて心からの感謝と敬意を表明する。今年は日中国交正常化45周年、来年は日中平和友好条約調印40周年であり、この記念の年度に宮城県日中友好協会が切磋琢磨し、絶えず若く新しいパワーを育成し、総領事館とともに日中両国関係の更なる改善のために貢献していくことを望んでいる、と話した。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷