孫大剛総領事,福田勝之新潟商工会議所会頭を表敬訪問
2017/07/03

 6月7日、孫大剛総領事は新潟商工会議所を表敬訪問し、福田勝之会頭、廣田幹人副会頭、宮沢啓嗣副会頭、早福弘専務理事らと新潟の中国との経済貿易協力の情況について意見交換した。総領事館韓鉄経済商務領事らが同席した。

 孫大剛総領事は、新潟商工会議所のこれまでの中国駐新潟総領事館の業務への支援に感謝し、中国との経済貿易協力の推進への積極的な貢献を賞賛し、今後よりいっそう、新潟経済産業の優勢と中国との友好協力の伝統に基づき、今明年の日中国交正常化45周年と日中平和友好条約締結40周年を契機とし、新潟企業を引率し積極的に新しい協力モデルを探し、着実に両国地方間の実務協力を推し進め、日中関係の安定的な改善を促進されることを望んでいる。総領事館は引き続き掛け橋としての作用を発揮し、両国経済貿易協力が新しい進展を得られるよう、新潟各経済団体と共同で推進していくことを望んでいる、と話した。

 日本側は孫大剛総領事の訪問に感謝し、今明年は日中両国にとって特別な意味を持ち、2019年には新潟港が開港150周年を迎えようとしている。新潟経済界は中国との経済貿易協力を重視しており、新潟商工会議所は双方の貿易を積極的に拡大することで、中国への投資を推進し、新潟と中国の関連地 方との経済貿易協力がさらに範囲を広げ、高いレベルへ発展するよう推進していく、と話した。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷